はじめての方へ

  • HOME
  • > はじめての方へ

霊園からのごあいさつ


霊園からのご挨拶

かわいいペットたちの一生はとても短く、いつかは悲しい別れが訪れてきます。
・・・思いがけない悲しみを迎えたとき、
心のこもったお別れのセレモニーをしてあげたい・・・
そんなあなたの優しい気持ちにお応えするのがペット霊園「にじの森」です。
加治木町転法輪寺の境内に在り、自然豊かな山を背景にした緑に囲まれた郊外型ペット霊園として
鹿児島県姶良市に誕生しました。
かじき動物霊園「にじの森」は
あなたと
そして、あなたが心よりかわいがった
ペットたちとの思い出を大切に致します。

良きパートナーとして、仲間として、
そして、子供として接してくれた可愛いペットたち。
喜びを、癒しを、たくさん与えてくれたペットたち。
私たちは、皆様の悲しみを思い出に変えるお手伝いをさせて戴きます。
「にじの森」の命名は、
英詩「Rainbow Bridge」に由来しています。
是非、みなさまにもこの詩を読んでいただきたいと思います。

一般社団法人全国ペット霊園協会会員
一般社団法人日本動物葬儀霊園協会会員
ペット霊園「にじの森」園長 松元 朋子

Rainbow Bridge
rainbow.jpg

Just this side of Heaven is a place called Rainbow Bridge.
When an animal dies that has been especially close to someone here,
that pet goes to Rainbow Bridge.
There are meadows and hills for all of our special friends
so they can run and play together.
There is plenty of food, water and sunshine and
our friends are warm and comfortable.
All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor;
those who were hurt or maimed are made whole and strong again,
just as we remember them in our dreams of days and times gone by.
The animals are happy and content, except for one small thing:
they each miss someone very special, someone who was left behind.
They all run and play together,
but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.
His bright eyes are intent; his eager body begins to quiver.
Suddenly, he breaks from the group, flying over the green grass, faster and faster.
You have been spotted, and when you and your special friend finally meet,
you cling together in joyous reunion, never to be parted again.
The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head,
and you look once more into those trusting eyes,
so long gone from your life, but never absent from your heart.
Then you cross the Rainbow Bridge together...
Author Unknown*

虹の橋の動画はこちらから

虹の橋

天国の少し手前に掛かる橋、それは『虹の橋』。

この世界で一緒だった飼い主と親しかったペットたちが亡くなると、
彼らはこの『虹の橋』のたもとにやってくるのです。
丘にはたくさんの草が生え、
ペットたちは楽しそうに遊び、駆け回っているのです。
たくさんの食べ物、綺麗なお水、そしてたくさんの日差しが降り注いでいる。
彼らにとって、ここはそれは暖かく居心地の良い場所なのです。
病気で弱ってしまったり、年老いたりしていても、
ここに来るとみな健康になって元気を取り戻すのです。
身体が傷ついたり不自由になっていたとしても
元通りの丈夫な身体になるんです。
それは、まるで私たちが知っている夢のように楽しかったあなたの過ぎし日の姿のように・・・
みんな、幸せで満足しているけれど、少しだけ心に残ることがあります。
それは・・・後に残してきたとても特別な誰かさんが
いま此処にいないこと・・・・
みんなは広い野原を走り回り、楽しく遊んでいます。
でも、ある日、その中の一匹が突然立ち止まり、遠くを見つめ出しました。
瞳はきらきらと輝きはじめ、体は歓びに震え出します。
突然、その子は皆から離れ、速く、速く、走り出しました。
まるで草の上を飛ぶように・・・
そう、あなたを見つけたんです!とうとう出会えたんです!
再会の歓びにあなた達は抱き合い、
そして、もう二度と離れることはないのです。
幸せのキスがあなたの顔に降り注ぎ、
あなたはその子の頭を優しく撫でてあげるのです。
そして、あなたはもう一度、その子の信頼溢れる瞳を見つめます。
長い間、あなたの人生から離れてしまってはいたけれど、決して忘れたことがなかった眼差しを・・・・
それから、あなた達は一緒に『虹の橋』を渡って行くのです。

作者不詳
松元優樹訳

この「虹の橋」という「詩」は、原作者が不詳のまま、世界中でたくさんのサイトに伝わっている詩です。原文は英語ですが、様々な国の言葉に翻訳され、ネットを通じて伝えられているようです。

犬の十戒
  1. 私の一生は10~15年くらいしかありません。
    ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。
    私のことを飼う前にどうかそのことを考えてください。
  2. 私が「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間が必要です。
  3. 私を信頼して下さい......それだけで私は幸せです。
  4. 私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
    あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
    でも......私にはあなただけしかいないのです。
  5. 時には私に話しかけて下さい。
    たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、
    私に話しかけているあなたの声で理解しています。
  6. あなたが私のことをどんな風に扱っているのか気づいて下さい。
    私はそのことを決して忘れません。
  7. 私を叩く前に思い出して下さい。
    私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、
    私はあなたを噛まないようにしているということを。
  8. 私のことを言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に
    私がそうなる原因が何かないかとあなた自身考えてみて下さい。
    適切な食餌をあげなかったのでは?
    日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?
    心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?などと
  9. 私が年をとってもどうか世話をして下さい。あなたも同じように年をとるのです。
  10. 最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。
    「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」
    なんて言わないでほしいのです。
    あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
    忘れないで下さい、私はあなたを愛しています。

作者不詳
これは、作者不詳のまま広く世界に伝わっている英文の詩で、日本では「犬の十戒」として知られています。 ペットとして飼われることとなった犬と人間との望ましい関係を、犬が人間に語りかけるという形式で訴える内容で綴られています。